採用情報

社員の声

採用トップ > 社員の声 > 松本 陽一郎

松本 陽一郎

なんば本店

松本 陽一郎

23歳にして、だるま歴7年以上のベテラン。一見おとなしいタイプに見えるが、実は小1~小6までソフトボールのキャプテンをしていて地元で歴代NO.1の成績を残したことも!スタッフみんなに慕われる人柄とリーダーシップは、この時に身につけたのかも(!?)プライベートでは、19歳の時に社内結婚を経て、現在3歳の男の子と1歳の女の子の父親。

―入社のきっかけは?

もともと16歳の頃からだるまでアルバイトをしていました。社員歴はまだ5年弱ですが、だるま歴はもう7年以上。かなりの古株です。正社員で働こうと思ったのは、やっぱりだるまが好きだったから。お好み焼き屋さんや他の飲食店のバイトも経験したのですが、ここほど色々なことを任せてもらえて、やりがいを感じられる職場はありませんでした。
 

―ズバリお聞きします!だるまの魅力は!?

色々ありますが、まず人間関係がすごく良い。みんなが“大切に育てよう”と思ってくれているのが、伝わります。こんなに人を育てるのがうまい会社って、ないんじゃないでしょうか!あとは、家族を大切にしてくれるところも魅力です。家族にも、毎年誕生日プレゼントをくれるんですよ!ちなみに今年は、奥さんには化粧品や植物。こどもには、図書カードとお菓子でした。

―今は人を育てる立場になった松本さん。大切にしていることはありますか?

なんば本店にいる32名のスタッフ、彼らの教育をメインで任せてもらっています。大切にしているのは、積極的に「ありがとう」を言うこと。空いたグラスを下げてくれた時やトレーを運んでくれた時。どんな些細な場面でも伝えるようにしています。あとは、何でも話しやすい空気をつくること。日頃から頻繁に会話をしたり、2~3ヶ月に1度はみんなでご飯を食べに行ったり、しっかりコミュニケーションをとるよう意識をしています。おかげさまで今は本当に現場がまとまっていて、その証拠に6年以上が1人、4年以上が2人、その他も1~2年以上。みんなが長く続けてくれていることが、自慢です!

―今の1番のやりがいを教えてください。

アルバイトの子たちが成長して、誰かの役に立つ人材に育った時は嬉しいですね。また、その子たちから「ありがとう」と言われたり、喜んでもらえた時はやりがいを感じます。この間も、ほんの些細なことだったのですが、すごく良い仕事をしていた子がいたので褒めたことがあったんです。そしたら、「松本さん、見てくれてたんですか」なんて、ニヤッと嬉しそうに笑ってくれて!もう、それだけでこっちまで嬉しくなっちゃいました(笑)

―最後に就活生にメッセージを!

新人さんでもすぐに活躍できる仕組みや教育体制が、だるまにはあります!それでも困ったときは、必ず周りがサポートしてくれます。僕自身も、アナタが働きやすいよう環境を整えておくつもりなので、大船にのったつもりで入ってきてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加